フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »

2023年5月

2023年5月21日 (日)

日経平均がバブル景気後最高値を更新

 日経平均株価が30,808.35円とバブル景気後の最高値を更新しました。ネットニュースなどでは海外からの買いが入っているとの解説です。
 しかし、日銀の金融緩和策に伴うETFの大量購入が有り、これをこれからもとに戻してゆくことも考えられるため私は日本の株に関するファンドは極力売ってしまいました。したがって、今回の株価上昇は当方にはほとんど影響を与えていないものです。
 売ったものは豪ドルMMFを買いました。
 ファンド関連の総投入額あたりの資産増加率は36%弱と前回お示しした2022年10月の段階からは為替の影響もあり5ポイント下げています。(日経平均株価5月19日終値30,808.35円、為替相場米ドル137.96円/$、WTI71.55ドル/バレル)
 前回に比較して為替は円高に進んでおり大幅なインフレには至っておらず一安心です。

にほんブログ村 経済ブログ 経済情報へ
にほんブログ村ブログ紹介サイト「にほんブログ村」に参加しています。よろしければ左のバナー(ボタン)をクリックしてください。

2023年5月 6日 (土)

米ファースト・リパブリック銀行が破綻

 ちょっと遅くなりましたが、米預金保険公社は1日にファースト・リパブリック銀行を公的管理下に置いて、資産をJPモルガン・チェース銀行に売却すると発表しました。資産規模は2008年のリーマン・ショック時に破綻したワシントン・ミューチュアル銀行に次ぐ史上2番めとなりました。
 銀行破綻は大型不動産ローンを富裕層に貸し出し、これにより資産が膨れ上がった所に金利急上昇を受け利鞘が急速に悪化したことが原因だそうです。シリコンバレーバンクの場合は債権購入によるものなので金利リスク管理の失敗が原因と言うところは類似しているが利鞘を得る先は異なっていることが分かります。
 また、今回の件はJPモルガン・チェース銀行が引き受けたことで混乱は一応避けられた形となっています。しかし、シリコンバレーバンクが破綻したときも他に飛び火しないよう対策がなされていたはずなのですが、結局今回の破綻なので今後銀行破綻が引き続き起こる可能性はあるものと認識されます。
 米国の金利上昇が銀行破綻という形で噴出しているということは、低金利政策を長期に渡って続けていた場合、物価上昇に対して金利上昇による対策では困難を伴うことを示しています。日本ではこれに加えて国債残高が莫大であるため借換え時の国の金利負担が問題になるものと思われます。

にほんブログ村 経済ブログ 経済情報へ
にほんブログ村ブログ紹介サイト「にほんブログ村」に参加しています。よろしければ左のバナー(ボタン)をクリックしてください。

« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »